フロントページ

主要ビジネス

勘と経験によるシステムはその場は効果的でも持続性がありません。起きた事象を客観的データとして捉えてそのデータから導かれる行動を自動的に取ることができれば非常に効率的で効果的です。このようなシステムを一般的にはデータドリブンシステムと呼びますが、当社では「風が吹けば桶屋が儲かるシステム」と呼んでいます。「風が吹けば桶屋が儲かるシステム」の実現を支援しています。

もっと知る

テクノロジーイノベーションとビジネスイノベーションは発生メカニズムが明らかに違います。テクノロジーイノベーションは知的好奇心先行型でその技術が社会の何に役立つのが具体的にわからなくてもその後の応用などによってイノベーションが起きるのです。ビジネスイノベーションは現実的問題解決先行型で、実際に不便や不満・不都合がありその問題を視点の転換などによる画期的な方法によってイノベーションを起こすのです。

もっと知る

テクノロジーがビジネスに変革をもたらすことは間違い無いのですが「ビッグデータやIoT、人工知能、VR・ARを使うことで当社ビジネスに変革をもたらすのではないか?」と考えるアプローチは順番が逆なので実行が難しいのです。ビジネスイノベーションに必要な問題解決志向が先であり「この問題を現在のテクノロジーだったらどう解決できるのか?」と考えるアプローチが必要です。

もっと知る

BUSINESS MEETS TECHNOLOGY

イノベーションというとテクノロジーイノベーションを思い浮かべる人が多く、インターネット、インターネット検索、人工知能、遺伝子工学、iPS細胞、宇宙工学、量子コンピュータ、自動運転などが注目されます。

テクノロジーイノベーションを起こしテクノロジードリブンで出現したビジネスはインパクトも売上も大きいことから、テクノロジーイノベーションを起こしたい試みたいという個人も企業も多いのですが、そう簡単に起こせるものではありません。また、日本企業はテクノロジーイノベーション世界に対して遅れているかと言えばそれほどでも無く様々な分野でテクノロジーイノベーションは起きていたりします。

逆に、先端テクノロジーをビジネスイノベーションに転換できないことの方が多いと思います。それほどの画期的なテクノロジーでなくても、既存テクノロジーを活用したビジネスイノベーション(マーケティングイノベーション、セールスイノベーション、物流イノベーションなど)があまり無いことの方が問題です。

当社は既存テクノロジーを活用したビジネスイノベーションをサポートしたいと考えています。

 

 

NEWS and BLOG

デジタルトランスフォーメーションは組織変革せずしては絶対にできない

当社のデジタルビジネスの創造を支援するサービスの根幹は組織変革を実現する、あるいは組織変革をし続ける組織文化を […]

分かっているけど誰も言わなかった、企業がデータを活用できない根本的理由

どんな組織にも、組織行動の基盤となる考え方・物の見方のような無数のロジック(論理)によって成り立っています。 […]

Chief Intelligence Officerのススメ

企業にはCxOというという役職というか責任者がいます。 xには、Information(情報)、Marketi […]

美腸玄米のご紹介

腸を美しく保つためには、日本古来の食材を中心にした規律ある食事が望ましいと考えます。日本の古来種である美腸玄米と美腸玄米からできた甘酒はとても体に優しいのです。是非お試しください。(オフィシャルサイトはこちら