未来志向のアプローチでビジネスを創ります。

天才物理学者であるアインシュタインは「どんな問題も、それをつくり出したときの意識レベルでは解決できない」と言っています。 今企業で起きている問題を、これまで通りの方法では解決できないかもしれません。新しくデジタルトランスフォームしたり、データドリブンシステムを作るには、新しい価値を見出すための未来志向のアプローチが必要です。

何かがトリガーとなって事象が起きます

原因があって結果が起きます。その原因をデータとして捉えられれば結果を想定することができ、結果が想定できれば対策することができます。原因となるデータと対策までのプロセスを自動化できればあとはシステムに任せれば良いのです。もし、あなたが桶屋だった場合、「風が吹けば桶屋が儲かる」ことをシステムとして構築すれば、あとは、どのくらいの風が、どこで吹くと、どれくらいの桶が売れるのかが想定できるので、あとは風が吹く状況をデータとして測定して、それに伴う桶の仕入量をコントロールすればいいのです。 データドリブンシステムとは、「風」というデータを起点として「桶を仕入れる」という意思決定を行うような、データを起点とした意思決定を自動化するシステムのことです。

どんなシステムを開発するかではありません!

どんなビジネスを開発したいか?です

ビッグデータドリブンシステムの開発例

デジタルサイネージはデジタルメディアであるためスクリーンに見せる広告コンテンツは早い速度で迅速に表示することができます。駅構内や大型施設などにおいてデジタルサイネージが設置されていますが、基本的には想定した性別や年齢層に対してその広告枠を購入した広告主の広告を表示することになります。しかし、実際には、時間帯や場所、気温、平日、週末によっては想定した通りの客層では無いこともあります。そこで、デジタルサイネージの10メートル手前にあるカメラで瞬時に性別や年齢層を判別して、その瞬間に一番効果がありそうな広告コンテンツを表示するようにします。「風が吹けば桶屋が儲かるシステム」においては、風がカメラが捉えたリアル客層データ、桶は広告コンテンツとなります。