リードマネジメント・コンサルティングサービス

 

LeadMeister(リードマイスター)の特長〜

 

お客様が保有するリードデータを分析

お客様が保有するリード(見込み客)には様々な属性があります。

  • どのリードジェネレーション施策によって登録されたリードなのか?
  • どのリードナーチャリング施策(マーケティングアクティビティ)に反応したのか?
  • Webサイトへの訪問頻度や回数
  • メール開封をするリードなのか?

様々なリード属性を多面的に分析することで、お客様が保有しているリードの特性、あるいはこれから保有するであろうリードの特性を分析することで、リードの行動特長を推定することができます。

 

 

 

マーケティングシナリオの構築

お客様が保有するリード(見込み客)を分析してリードの行動予測を推定出来れば、お問い合わせに繋げる、あるいは購買に繋げるための最適なマーケティングアクティビティを推定することが出来ます。

特別な分析手法を用いることで、マーケティングアクティビティの最適なシーケンス(順序)を推定することが出来ます。

マーケティングアクティビティとマーケティングアクティビティの最適なシーケンス(順序)を推定することが出来れば、目的(お問い合わせや購買につなげる、ホットリードにする)に沿ったマーケティングシナリオを構築することが出来ます。

 

 

 

マーケティングシナリオの分析

マーケティングアクティビティの最適なシーケンス(順序)を推定して構築したマーケティングシナリオは永久不滅ではありません。製品もサービスも市場も顧客も顧客行動も変化します。基本的には四半期毎に構築したマーケティングシナリオを評価・分析し、新たに新しい条件でマーケティングシナリオを構築します。

 

 

 

KPIのモニタリング

マーケティングオートメーションツールでは様々な切り口で情報を得ることができますが、マーケティング担当者や事業責任者は多くの情報ではなく、ピンポイントで必要な情報であったり、全体を網羅するような情報を必要としています。

事業責任者は情報提供されて「だから何?」では困るからです。次の打ち手(施策)がインスパイアされるような情報が提供されることで本当の価値があります。

お客様が重要視するKPI、例えば、ホットリード化率、SFAへのプッシュアウト率、テレセールスへのコンバージョン率、マーケティングシナリオのフィット率、特定仮説の検証などをモニタリングしてご提供します。

 

 

 

リードの弾力性分析

価格弾力性は、商品に価格をつける場合、いくらにすると需要がどう変わるか、価格の変化が需要にどの程度影響を与えるかを示すものです。価格弾力性は「需要の変化率/価格の変化率」で表され、例えば、10%値上がりすると需要が5%減少する場合、価格弾力性は0.5となります。0.5のように1より小さければ弾力性は小さく、価格が変わっても需要への影響は小さいこととなり、逆に1より大きいと弾力性は大きく、価格の変化によって需要が大きく変わることになります。

一般的には、価格と需要はトレードオフ(価格が上がれば需要は減り、価格が下がれば需要は増える)なので、売上向上を考える際に、どの程度価格を変更すればどの程度の需要になるのかがポイントとなります。

マーケティング担当者なら、リード品質とリードボリュームはトレードオフ(品質が上がればボリュームが減り、品質が下がればボリュームは増える)になりがちです。

マーケティング担当者は、より良いリードを獲得するために、品質と量のバランスをとることがポイントとなります。

※リードの弾力性分析はオプションサービスとなります。

 

 

 

リードデータのクレンジング

マーケティングオートメーションツールに登録される前のリードデータは意外にダーティです。同じ会社名であっても表記ユレによって違う会社名だと認識されたり、登録したお客様のご入力であったり、会社名の短縮や一般名称、名字の漢字表記の違い、住所の表記方法の違いなど様々な要因でデータは汚いままマーケティングオートメーションに登録されるか、汚いリードデータをキレイにしてから(クレンジングしてから)入力することになります。

しかし、実はデータクレンジングは簡単な作業ではありません。機械学習などを使っても最後は人間の目による確認などが必要で実は大変な作業です。

  • リードデータのクレンジングは、当社のアライアンス企業のサービスによって提供されます。
  • リードデータのクレンジングはオプションサービスとなります。