デジタルトランスフォーメーションは組織変革せずしては絶対にできない

当社のデジタルビジネスの創造を支援するサービスの根幹は組織変革を実現する、あるいは組織変革をし続ける組織文化を作ることです。

つまり、ウェイド氏が言うような、デジタルビジネス、デジタルトランスフォーメーションを促すための組織変革・組織開発を支援することです。

組織変革をするような組織資本への投資がされなければ、IT投資もうまく行かず、デジタルトランスフォーメーションもうまく行きません。

デジタルビジネスを創造したり、デジタルトランスフォーメーションを実現するのはテクノロジーでも人工知能でもなく組織なのです。

そのことに早く気づいて組織を変革する、そして変革し続ける組織文化を作ることができる経営者やリーダーがいる会社や組織だけが生き残ることができると確信しています。

逆に言えば、それができなければ変化に気づかない「茹でガエル」となって死を迎える可能性が大きくなります。

 

DBICパートナーインタビュー 01:マイケル・ウェイドIMD(International Institute for Management Development)教授

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です